目のしたのクマのレーザー治療のお願いします 赤みがくわわり少しでも綺麗になれば嬉しい
0
    頭痛・めまい・ペインクリニック・神経ブロック・疼痛治療・山本クリニック 世田谷 脳神経外科 東京都
    http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/index.html




    美容外科・美容整形・形成外科・レーザー治療・レーザー外科・山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都
    http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html

    東京都 山本クリニック美容外科・形成外科・美容整形は、最先端のレーザー外科・レーザー治療を行っております。

    山本クリニック公式ホームページ     
       もごらんくださいませ。

    ++++++++++++++++++++++

    *********************************
    このブログでは、脳神経外科・神経内科のみでなく、美容外科・形成外科その他の病態でお悩みの方にも、
    すこしでもお役にたてれば、と、さまざまな内容を、記載しております。
    *********************************

     
    -------------------------------------------------------------------------- 
    ご相談 : 
    目のしたのクマのレーザー治療のお願いします 赤みがくわわり少しでも綺麗になれば嬉しい

    テーマ:「目の下のクマのレーザー治療」

    --------------------------------------------------------------------------





    34歳女

    小さいときから目のしたのクマで悩んでいます。

    昨年8月に東京のあるクリニックで
    目のしたのクマならば効果があるし
    肌に優しいということで
    IPLフォトフェイシャル・フォトRFというレーザーと
    高周波治療を3週間に一度ずつ6回していただきました。

    目のしたのクマの部分だけでは
    効果がでにくいから
    かお全体をなおしたほうがよいといわれたので
    かお全体の照射をおねがいしました。

    1回目から目のしたのクマは
    逆にあかくやけどをしたようになりました。
    かさぶたも一部できてしまい本当に困りました。
    いまは多少赤みが有る程度です。

    目のしたのクマに赤みがくわわりとても落ち込んでいます。

    それ以来いっておりません。

    ホームページの相談掲示板をみて
    わたくしとおなじ相談のかたに
    山本先生がたいへんくわしく
    心優しい回答されているのをみて
    とても安心しました。

    山本先生に目のしたのクマのレーザーを
    ぜひおねがいしたいとおもいました。

    目のしたのクマはいまも
    IPLフォトフェイシャルと
    フォトRFまだあかみのあるひふですが
    目のしたのクマのレーザー治療で
    更に赤くなるようなことはないですか?

    日にちがきまれば週一回の通院はかのうです。
    40回くらいは通えます。
    また費用も方法も相談掲示板をよませていただきました。

    だいたいわかっているつもりです。

    赤くなる事が無ければ嬉しいです。
    少しでも綺麗になれば嬉しいです。

    お忙しい所を申し訳ございません。

    よろしくおねがいいたします。

    [2006年8月16日 18時50分24秒]



    ------------------------------






    山本クリニック 世田谷 東京
    山本クリニック 世田谷 東京




    山本クリニック 世田谷

    山本クリニック 世田谷



    ***********************************************

    ご回答 : 

    このご相談への個別リンクはこちらです


    これはさぞかしにご心配なことと存じます。
    御相談者の御気持が大変によく判る御相談です。

    +++++++++++++++++++++++

    御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

    「眼の下のクマ」=「目の下のクマ」に。

    「昨年8月に東京のあるクリニックで目のしたのクマならば
    効果があるし肌に優しいということで
    IPLフォトフェイシャル・フォトRFというレーザーと高周波治療を
    3週間に一度ずつ6回していただきました。」

    「IPL(Intense Pulsed Light);インテンス・パルスド・ライト」=
    「強力なパルス光」+
    「ラジオ波電極加温」=「RF加温」
    という「いずれも「温熱療法」」であり
    「レーザー光照射」ではありません。


    御相談者が受けられた施術は「レーザー光照射」ではありません。
    「物理療法:ぶつりりょうほう」=
    「リハビリなどで用いられる「物療:ぶつりょう」であり「温熱療法」
    です。


    「眼の下のクマ」=「目の下のクマ」の「レーザー光照射」

    「超高性能Qスイッチレーザー外科或いは
    超高性能Qスイッチレーザー治療」
    とりわけ
    「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
    の独壇場です。

    -------------------------------
    1回(日)の「御費用(消費税込み)」は「5万円」です。
    「週1回照射する」ペース=「4分の一皮膚のターンオーバー」
    =「golden pace:ゴールデンペース」
    で最低24−32回(日)は「レーザー光照射」を
    致します。 
    ##6
    「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の「症状・症候」が
    軽ければ
    週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
    「4分の一皮膚のターン・オーバー」
    で「16回(日)」で終了可能。
    -------------------------------


    下記順を追って御回答致します。

    +++++++++++++++++++++++

    #1
    ##1
    「34歳女

    小さいときから目のしたのクマで悩んでいます。

    昨年8月に東京のあるクリニックで
    目のしたのクマならば効果があるし
    肌に優しいということで
    IPLフォトフェイシャル・フォトRFというレーザーと
    高周波治療を3週間に一度ずつ6回していただきました。

    目のしたのクマの部分だけでは
    効果がでにくいから
    かお全体をなおしたほうがよいといわれたので
    かお全体の照射をおねがいしました。

    1回目から目のしたのクマは
    逆にあかくやけどをしたようになりました。
    かさぶたも一部できてしまい本当に困りました。
    いまは多少赤みが有る程度です。

    目のしたのクマに赤みがくわわりとても落ち込んでいます。

    それ以来いっておりません。

    ホームページの相談掲示板をみて
    わたくしとおなじ相談のかたに
    山本先生がたいへんくわしく
    心優しい回答されているのをみて
    とても安心しました。

    山本先生に目のしたのクマのレーザーを
    ぜひおねがいしたいとおもいました。

    目のしたのクマはいまも
    IPLフォトフェイシャルと
    フォトRFまだあかみのあるひふですが
    目のしたのクマのレーザー治療で
    更に赤くなるようなことはないですか?

    日にちがきまれば週一回の通院はかのうです。
    40回くらいは通えます。
    また費用も方法も相談掲示板をよませていただきました。

    だいたいわかっているつもりです。

    赤くなる事が無ければ嬉しいです。
    少しでも綺麗になれば嬉しいです。

    お忙しい所を申し訳ございません。

    よろしくおねがいいたします。」
    との事です。

    #2
    ##1
    「ホームページの相談掲示板をみて
    わたくしとおなじ相談のかたに山本先生が
    たいへんくわしく心優しい回答されているのをみてとても安心しました。
    山本先生に目のしたのクマのレーザーをぜひおねがいしたい
    とおもいました。」
    との事です。

    ##2
    御相談者の御相談の御記載内容からは。
    山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
    http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
    に「目の下のクマ」 に関する
    過去の「御相談と御回答」は沢山あるのです。
    これらに
    よく目を通されていらっしゃることと考えます。

    ##3
    「レーザー光照射」を必要とする「病態」には




    #3
    ##1
    「目の下のクマ」には「4種類」あるのです。

    ##2
    「目の下のクマ」についてご説明いたします。
    まず大きく「4種類に分類」致します。

    ###1
    「循環不全クマ」。
    下眼嶮の静脈の循環不全が原因です。
    この「静脈の名称」は「角静脈:かくじょうみゃく」と呼称致します。
    膠原線維(コラーゲン)が薄くふくらんだ細静脈が広範に浮き出ている。
    文字通り「歌舞伎の俳優さん」の目の下のクマ。
    比較的「少ない」ものです。

    ###2
    「下眼嶮皮膚が薄いクマ」。
    誰でも下眼嶮の皮膚は大変薄いものです。
    更に萎縮してクマとなる現象。
    水分の足りない頭痛もちの患者さんに多いものです。
    「目の下のクマ」「眼の下のクマ」としては最も多いものです。


    ###3
    アトピーや炎症で「微小シワのクマ」。
    目の上下がはれぼったく赤みや黒ずんだり。独特の「手指による引っ掻き」に
    よる「落屑:らくせつ」が特徴です。
    メラニン沈着が多いタイプです。


    ###4
    「影クマ」。肌の乾燥や保水が悪く影に見えるタイプ。
    トータルに顕微鏡チエックが必要なものです。
    治療の難易度が高い「目の下のクマ」 です。

    御婦人独特のもので「子供の時にはありません」。
    「基礎化粧品」の使い方がお上手でなかったり「メイク化粧品」
    をおとさずに眠られてしまうくらい「忙しい御婦人」に多いものです。
    「目の下が黒ずんでいる」といわれて傷つくのも特徴。
    「メイク」でクマよけいに目立ってしまうことも多いです。


    ##3
    「小さいときから目のしたのクマで悩んでいます。」の「御既往」
    からは
    「眼の下のクマ」=「目の下のクマ」
    は皮膚の薄い「目の下のクマ」 」であると考えます。


    ##4
    また
    「眼の下のクマ」=「目の下のクマ」には。
    ###1
    「下眼嶮」の「下」が「ぽっくりへこんだ」「目の下のクマ」の「病態」
    ###2
    「下眼嶮」の「下」が「ぽっくりふくれた」「目の下のクマ」の「病態」
    の「2種類」もあります。

    ##5
    70%のかたは
    「下眼嶮」の「下」が「ぽっくりへこんだ」「目の下のクマ」の「病態」
    です。

    ##6
    片方ずつ両方もたれているかたもいらっしゃいます。




    #4
    ##1
    「昨年8月に東京のあるクリニックで目のしたのクマならば
    効果があるし肌に優しいということで
    IPLフォトフェイシャル・フォトRFというレーザーと高周波治療を
    3週間に一度ずつ6回していただきました。
    目のしたのクマの部分だけでは効果がでにくいからかお全体を
    なおしたほうがよいといわれたのでかお全体の照射をおねがいしました。」
    との事です。

    ##2
    このないようからは御相談者は
    「IPL(Intense Pulsed Light);インテンス・パルスド・ライト」=
    「強力なパルス光」による「フオトフエイシアル」に「大きな」
    「錯覚」或いは「誤解」がおありです。

    ##3
    「IPL(Intense Pulsed Light);インテンス・パルスド・ライト」=
    「強力なパルス光」は「レーザー光照射装置」では全くありません。

    ##4
    光源に「車のヘッドライト」と同系統の「ハロゲンランプ」を用いた
    ただの「ライト」です。「レーザー光照射装置」では全くありません。

    ##5
    「IPL:アイピーエル(Intense Pulsed Light)」は「ライト「光」」
    ですが「「光」治療」というより「熱療法」です。


    ##6
    「フオトフエイシアル」で用いられる
    「IPL:アイピーエル(Intense Pulsed Light)」
    「物理療法:ぶつりりょうほう」=
    「リハビリなどで用いられる「物療:ぶつりょう」であり
    「温熱療法」なのです。




    #5
    ##1
    「フオトフエイシアル」で用いられる
    「IPL(Intense Pulsed Light);インテンス・パルスド・ライト」=
    「強力なパルス光」
    の「ハンドピース」の尖端には「クリスタル」と呼ばれる
    「紫外線:ultra-vioret:UV」などの「有害光」を除去する「フイルター」が
    ついています。

    ##2
    ただのカメラのレンズにつける「フイルター」ですが格好よく
    「クリスタル」などと呼称されます。

    ##3
    「IPL(Intense Pulsed Light);インテンス・パルスド・ライト」=
    「強力なパルス光」
    の「温熱療法」の熱をさらに高めるために
    この「ハンドピース」の「クリスタル」の両側に
    「「電波=radio wave」の電極」が付属しているのが「RF」です。

    ##4
    「フオトRF」と呼称されているものは
    「IPL(Intense Pulsed Light);インテンス・パルスド・ライト」=
    「強力なパルス光」+
    「温熱療法」の硬価をあげるために
    「ラジオ波電極」=「RF」がついた
    「2種類の「温熱療法」」「装置」の「一体型」です。

    ##5
    悪性腫瘍の「治療戦略」にも「RF加温」という「治療戦略」が
    あります・この場合は「RF」は腫瘍組織への「直流通電」のこと
    です。
    悪性腫瘍で「高周波」の場合は「High Frequency:HF」となります。

    ##6
    いずれにしても皮膚の「病態」に対しては
    「温熱療法」である
    「IPL(Intense Pulsed Light);インテンス・パルスド・ライト」=
    「強力なパルス光」
    はなんら「硬価」がないと「日本皮膚科学界」で結論されています。


    ##7
    因みに一部の美容外科の・一部の先生が用いる
    「高周波治療」とは上記の様な「ただの温熱療法」のことです。
    ご注意下さい。




    #6
    ##1
    「IPLフォトフェイシャル・フォトRFというレーザーと高周波治療を
    3週間に一度ずつ6回していただきました。
    目のしたのクマの部分だけでは効果がでにくいからかお全体を
    なおしたほうがよいといわれたのでかお全体の照射をおねがいしました。」
    との事です。

    ##2
    ##1も「2つの観点」から「わからない話」です。

    ##3
    「#6##2の「2つの観点」から「わからない話」です。」
    の「その1」は。
    「眼の下のクマ」=「目の下のクマ」の「病態」に
    何ゆえに「御顔全体の施術」が必要であったのかということです。


    ##4
    「#6##2の「2つの観点」から「わからない話」です。」
    の「その2」は。
    =>#7に御記載致します。




    #7
    「#6の「2つの観点」から「わからない話」です。」
    の「その2」は。

    ##1
    まず
    「IPL:アイピーエル(Intense Pulsed Light)」

    「フオトRF」=「「IPL:アイピーエル(Intense Pulsed Light)」に
    「温熱療法」の硬価をあげるために「ラジオ波電極」=「RF」がついた
    もの」
    の「2機種」で施術されたかのようです。

    ##2
    けれども
    御相談者が訪れた御施設は
    「IPL:アイピーエル(Intense Pulsed Light)」単独の機械

    後から
    「IPL:アイピーエル(Intense Pulsed Light)」の
    「ハンドピース」の「クリスタル」の両側に
    「「電波=radio wave」の電極」が付属しているのが「RF」
    を購入されたのでしょう。

    ##3
    結局御相談者が受けられたのは
    「IPL:アイピーエル(Intense Pulsed Light)」と
    「ラジオ波電極加温」=「RF加温」の「温熱療法」です。

    ##4
    「IPL:アイピーエル(Intense Pulsed Light)」の場合も
    「ラジオ波電極加温」=「RF加温」の場合も
    最も多い「事例」が「熱傷」=「やけど」=「バーン:burn」
    です。

    ##5
    「1回目から目のしたのクマは逆にあかくやけどをしたようになりました。
    かさぶたも一部できてしまい本当に困りました。
    いまは多少赤みが有る程度です。
    目のしたのクマに赤みがくわわりとても落ち込んでいます。
    それ以来いっておりません。」

    「IPL:アイピーエル(Intense Pulsed Light)」+「
    ラジオ波電極加温」=「RF加温」
    による「熱傷」=「やけど」=「バーン:burn」
    の「症状・症候」です。




    #8
    ##1
    「昨年8月に東京のあるクリニックで目のしたのクマならば・略・
    IPLフォトフェイシャル・フォトRFというレーザーと高周波治療を
    3週間に一度ずつ6回して・略・

    1回目から目のしたのクマは逆にあかくやけどをしたようになりました。
    かさぶたも一部できてしまい本当に困りました。
    いまは多少赤みが有る程度です。・略・

    たいへんくわしく心優しい回答されているのをみてとても安心しました。
    山本先生に目のしたのクマのレーザーをぜひおねがいしたい
    とおもいました。」
    との事です。=>##2

    ##2
    有難う御座います。

    ##3
    「目のしたのクマはいまも
    IPLフォトフェイシャルとフォトRFまだあかみのあるひふですが
    目のしたのクマのレーザー治療で更に赤くなるようなことは
    ないですか?」
    =>##4

    ##4
    今度は本物の
    「Q(キュー)スイッチレーザー光照射装置」
    で「治療戦略」をとらねばなりません。

    ##5
    「眼の下のクマ」=「目の下のクマ」の
    「超高性能Qスイッチレーザー外科或いは超高性能Qスイッチレーザー治療」
    とりわけ
    「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
    の独壇場です。

    ##6
    「QスイッチNd・YAGレーザー:Qスイッチネオジミウム・ヤグ・レーザー」
    の「Q(キュー)スイッチ」は
    「「1ショット時間」=「10億分の10秒」」で毎秒「10ショット」
    してしまいます。

    ##7
    「1ショット時間」=「10億分の10秒」とは「光速」で
    「光が3mしか進めない時間」の単位で御座います。

    ##8
    「「1ショット時間」=「10億分の10秒」」の
    「超高性能Qスイッチレーザー外科或いは超高性能Qスイッチレーザー治療」
    の世界では
    「レーザー光ビーム」が「熱エネルギー」に「無駄な化け方」をせず
    「皮膚の全層」=「表皮」+「真皮」に
    あくまでも純粋なも純粋な「レーザー光ビーム」として到達致します。

    ##9
    だから
    赤くはなりません。腫れません。かさぶたもできません。
    レーザー光照射のあとの絆創膏やテープなど必要の筈がありません。
    御婦人の御顔であれば「レーザー光照射」直後からメイクが可能です。

    ##10
    勿論当たり前ですが
    「局所麻酔」の必要などもありません。

    ##11
    赤くはなりません。腫れません。かさぶたもできません。
    けれども
    高性能な「Q(キュー)スイッチ」により「ウルトラハイパワー」の
    「レーザー出力」=「エネルギー」で「レーザー光照射」
    を致します。 
    だから「ポストレーザー」の「お肌の管理」は大変重要になります。

    ##12
    「ポストレーザー」の「お肌の管理」のため
    しっかりと「レーザー光照射」を」される先生は皆様お使いになる
    医療用「基礎化粧品」
    (トリートメントエッセンス・クリーム・サンスクリーン:UVカット)
    をお渡し致します。 




    #9
    ##1
    「日にちがきまれば週一回の通院はかのうです。40回くらい
    は通えます。
    また費用も方法も相談掲示板をよませていただきました。
    だいたいわかっているつもりです。」
    =>
    山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
    http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
    をしっかりとお読みいただいて有難うございます。


    ##2
    赤くなる事が無ければ嬉しいです。
    =>
    全く赤くなりません。
    「レーザー光ビーム」が「熱エネルギー」に
    「無駄な化け方」をせず「皮膚の全層」=「表皮」+「真皮」にあくまでも純粋
    に到達して
    「眼の下のクマ」=「目の下のクマ」を「持上げていきます」。

    ##3
    「少しでも綺麗になれば嬉しいです。」
    =>
    綺麗に治したいですね。
    私も頑張ります。

    ##4
    「日にちがきまれば週一回の通院はかのうです。40回くらい
    は通えます。
    また費用も方法も相談掲示板をよませていただきました。」
    との事です。
    =>##5

    ##5
    1回(日)の「御費用(消費税込み)」は「5万円」です。
    「週1回照射する」ペース=「4分の一皮膚のターンオーバー」
    =「golden pace:ゴールデンペース」
    で最低24−32回(日)は「レーザー光照射」を
    致します。 

    ##6
    「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の「症状・症候」が
    軽ければ
    週一回(日)のペース=「golden pace:ゴールデン・ペース」=
    「4分の一皮膚のターン・オーバー」
    で「16回(日)」で終了可能。

    ##7
    「照射回数(日)」は多ければ多いほど宜しいです。

    ##8
    「眼の下のクマ」=「目の下のクマ」は
    「皮膚のターンオーバー依存性:skin turn-over specificity:STS」
    である。
    「皮膚のターンオーバー非依存性:skin turn-over non-specificity:STNS」
    ではありません。
    規則正しい「照射回(日)は週一回(日)のペース」が必要。

    ##9
    「眼の下のクマ」「目の下のクマ」 の
    レーザー外科は
    「QスイッチNd・YAGレーザー
    (Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
    の「独壇場」です。




    #10結論:
    ##1
    御相談者の御相談の御記載内容を熟読させて頂きました。

    ##2
    「34歳 女 nanakoです。」


    ##3
    「日にちがきまれば週一回の通院はかのうです。40回くらい
    は通えます。
    また費用も方法も相談掲示板をよませていただきました。
    だいたいわかっているつもりです。
    赤くなる事が無ければ嬉しいです。
    少しでも綺麗になれば嬉しいです。」
    =>
    綺麗に治したいですね。
    私も頑張ります。


    ##4
    「レーザー光照射」での「初診のしおり」を「ps」に
    御記載致します。


    ##5

    もうお読みになられているとは思いますが
    山本クリニック美容外科・形成外科相談掲示板
    http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/index.html
    の過去の「御相談と御回答」から。


    「目のしたのクマ治療をしたいのですが
    [2] [2006年 2月20日 18時34分28秒] 」
    http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/967072912798361.html
    を「■■■」どうぞ御参照ください■■■」
    に一部編集してコピー致します。



    ##6
    「赤くなる事が無ければ嬉しいです。
    少しでも綺麗になれば嬉しいです。」
    =>
    赤くはなりません。腫れません。かさぶたもできません。
    御婦人の御顔であれば「レーザー光照射」直後からメイクが可能です。
    綺麗に治したいですね。



    目の下のくまのレーザー治療・レーザー外科「過去の御相談と御回答」総集編8
    [2] [2008年 5月17日 21時18分59秒]
    http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/0581276920429481.html
    も御参照頂けますか。


    「初診のしおり」としては
    東京 都 山本クリニック美容外科 世田谷 区 へのレーザーでの初診のしかた 
    [2] [2008年 5月17日 21時26分31秒]
    http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/biyo/314699039402516.html
    を御参照頂けますか。
    posted by: mikan | 美容外科・形成外科 | 08:13 | - | - | - |